日本社会事業大学 通信教育科の特徴通信教育科の特徴
Japan College of Social Work

歴史・伝統ある日本社会事業大学が行う通信教育の魅力

通信教育で社会福祉士国家試験受験資格、精神保健福祉士国家試験受験資格、
社会福祉主事任用資格を取得できる課程を設置。
経験豊富な専任講師はもちろんのこと、日本社会事業大学の教授陣、福祉実践現場の第一線で活躍している
スタッフによる指導のもと、質の高い充実した教育プログラムを展開しています。

日本社会事業大学の教授陣・現場経験豊富な
講師陣による充実した教育

社会福祉の最新の知識とスキルを取り上げ、実践力をつけられる教育内容を用意。
日本社会事業大学の教授陣、福祉の第一線で活躍する現場経験豊富な講師陣が、学習をきめ細かくサポートします。

土・日・祝日を活用したスクーリング日程

社会福祉主事養成課程は5日間、社会福祉士および精神保健福祉士養成課程は、7~8日間(要実習者は9~12日間)のスクーリングが実施されてます。土・日・祝日を利用して、できるだけ休暇をとらずに受講できる日程編成にしています。

90%以上が修了する支援力、全国平均を上回る合格実績

スクーリングの時間がとりにくいことや1人で学習する孤独感のある通信教育において、90%以上の学生が卒業する学習支援体制があります。また、国家試験合格率も全国平均を大幅に上回る実績を残しています。

専門職大学院への学内推薦制度

3年以上の社会人経験を有する学生で、通信教育科長から推薦を得た社会福祉士養成課程・精神保健福祉士養成課程の卒業生(卒業見込含)は、個別面接審査と書類審査で専門職大学院を受験することができます。

日本社会事業大学附属図書館が利用可能

本学附属図書館は、社会福祉の専門図書を多数所蔵しています。通信教育科の方は、OPAC(Online Public Access Catalog)を利用して自宅から蔵書を検索し、郵送で図書を借りることができます。もちろん、来館利用も可能となっております。

全国に広がる卒業生のネットワーク

通信教育科でも日本社会事業大学同窓会への入会ができます。同窓会に入会することで、全国各地で活躍する本学同窓生とのネットワークの輪に参加して、情報交換をしたり交流を深めることができます。

厚生労働省実施教育訓練給付制度の指定講座

社会福祉士(短期)養成課程と精神保健福祉士(短期)養成課程は、専門実践教育訓練給付制度の対象、社会福祉士(一般)養成課程は、一般教育訓練制度の対象となっています。給付の要件を満たした受講生は、申請により支払った教育訓練経費の一部が雇用保険から支給されます。