通信教育科長メッセージ通信教育科長メッセージ
Message

通信教育により福祉を学ぶ喜びを

通信教育科長 下垣光

日本社会事業大学は、昭和21年(1946年)から一貫して、社会福祉の様々な領域で活躍する専門的人材の養成をおこなってきました。厚生労働省を通じて国からの委託を受け、ソーシャルワーカー養成についてのモデル校として本学で学んだ人たちが、現在全国で活躍しています。

日本社会事業大学の建学の精神は、「忘我友愛」(博愛の精神に基づく社会貢献)、「窮理窮行」(社会福祉の理論を窮め、社会福祉実践を常に大切にすること)、「平和共生」(異なる文化、異なる民族、異なる国籍の人々と共に生きる社会の創出)であり、それを体現できる人材の養成教育です。

日本社会事業大学通信教育科は、社会福祉主事養成課程(平成11年4月開設)、社会福祉士一般養成課程(平成12年4月開設)、同短期養成課程(平成27年4月開講)、精神保健福祉士短期養成課程(平成13年4月開設)の4課程を設置し、本通信教育科を修了した学生数は約2万名にのぼり、9割を超える高い修了率と、社会福祉士ならびに精神保健福祉士養成課程では高い国家試験合格率を誇っています。また、社会福祉士ならびに精神保健福祉士養成課程においては、本通信教育科からの推薦入試制度により、我が国唯一の福祉専門職大学院である福祉マネジメント研究科へのステップアップの道も開かれています。

社会福祉の実践では、様々な困難な課題に直面することが多くあります。資格取得につながる本学の学びの中で、それに向き合う力を一つ一つ積み重ねていくことが、福祉専門職としてのキャリアを継続していく上での大きな力になると信じています。通信教育科に入学された皆様が、本学での入学を起点として、生涯にわたり学ぶことの喜びと皆様の目標達成がされることを願っております。

通信教育科長 下垣光